気になる顔のシワの改善方法

年齢を重ねるとどうしても肌トラブルは増えていきますが、中でも目立ってしまうのが顔にできるシワです。

年齢を重ねれば重ねるほど深く刻まれていきますが、自然なことだからと言ってあきらめてしまう人も多いと思います。

正直なところ、どんなにケアをしたとしてもシワが消えることはないとされています。しかし、肌の状態を良くすることによって目立たせなくすることは、十分に行うことができます。シワを改善するためには、種類をきちんと知り、その種類に合ったケアをすることが改善へとつながります。

まず、あげられるのは目元や口周りにできる小ジワです。小ジワは乾燥肌によってできるもので、文字通り細かく小さく浅いのが特徴です。しかし、数がたくさんできてしまうといくつも重なって溝が深くなっていき目立ってしまうため注意が必要となります。

縮れたような状態になっているのがちりめんジワです。顔の部位に関わらず細かくちりめん状になっているもので、これは体内の異常によってできやすいとされています。ダイエットをして急激に体重が減少したり、脱水症状になっている、栄養が不足していることなどで現れます。

この場合の改善方法は、スキンケアではなく体の状態を知り、それに合わせてケアしていくことが改善につながります。表情筋の問題によっても引き起こされます。表情のクセによって筋肉が固定されていき、それに合わせて表情ジワもできてきます。これを改善するためには、同じ表情を作らない工夫や、表情筋を鍛えるエクササイズなどを行っていきます。

また、年齢を重ねることで潤い成分が減っていき、そのせいで皮膚や脂肪が支えられなくなることで、大ジワとなってしまいます。これらの具体的な改善方法としては、まず小ジワや大ジワに対してはしっかりスキンケアを行っていきます。

コラーゲンやエラスチンなどの潤い成分が減ってしまっている状態のため、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの潤い成分の配合された化粧水や美容液、乳液を使って補っていきます。

大ジワの場合は、肌の内側にも潤い成分が足りていない状態のため、コラーゲンなどを生成できるビタミンC誘導体やレチノールなどの成分が配合されたものがオススメです。

表情ジワを改善するためには、表情を大きく動かすことを意識しながらアイウエオ、と言いながらエクササイズするのも効果的だとされています。

このようなケアと同時に、紫外線対策を行い肌に刺激を与えないなども大切です。